リモンチェッロ特集|JTBショッピングはギフト通販・クチコミ情報が豊富

JTBトラベルメンバーにログイン/新規登録すると会員特典が適用されます!

JTBトラベルメンバー会員特典
お得な会員価格
トラベルPOINTたまる・つかえる
5,400円以上で送料無料

リモンチェッロ特集

このエントリーをはてなブックマークに追加
リモンチェッロ特集

イタリア生まれのレモンリキュール「リモンチェッロ」。
一体どのように作られているか、ご存じですか?

なんと今回、JTBショッピングのスタッフが、南イタリアの工場を直接取材!
普段はなかなか見られない、リモンチェッロの製造現場を特別に公開しちゃいます♪
リモンチェッロを使ったドリンクやデザートのレシピも紹介していますので、お見逃しなく。

カクテルにもおすすめ 夏の冷たい飲み物特集

南イタリアの家庭の味

南イタリアの家庭の味

リモンチェッロは、ナポリやアマルフィなどで知られる南イタリア・カンパーニア州で400年ほど前から作られている、伝統のレモンのリキュール。太陽の光がたっぷり降り注ぐこの地方では、通常の約4~5倍もの大きさのレモンが採れることで知られ、マンマたちが庭で採れたレモンで、毎年リモンチェッロを手作りしてきました。リモンチェッロはイタリアの人々にとって、日本での自家製梅酒のような、いわばイタリアの“おふくろの味”的存在です。

南イタリアは景勝地も多く、観光やバカンスで多くの人々が北イタリアやヨーロッパ各国からこの地を訪れます。彼らがその際に飲んだリモンチェッロの味に魅せられ、いまでは、イタリアの名産品として広く認知されるようになりました。

キリッと冷やしたリモンチェッロに南イタリアの風を感じる

キリッと冷やしたリモンチェッロに南イタリアの風を感じる

リモンチェッロは、レモンの皮をお砂糖とスピリタスに漬け込んで作られます。甘口で口当たりが良いので、ついつい忘れてしまいがちですが、アルコール度数が30度以上と、とても強いお酒です。
そのため、冷凍庫に入れても凍らないので、本場イタリアでは冷凍庫に保存しておき、キリッと冷やしたリモンチェッロをストレートで「食後酒」として飲む、というのが一般的です。

レモンの爽やかな香りと、ちょっぴりほろ苦い味に、南イタリアの風を感じてみてはいかがでしょうか。

リモンチェッロができるまで

実際に“リモンチェッロ”を製造しているイタリア・ソレントの工場へ見学へ、JTBショッピングのスタッフが見学に行って来ました!

  1. こちらが材料となるレモンの花。葉っぱには虫に食われた部分も。リモンチェッロはピールを使ったお酒なので、農薬がかかったレモンを使うと、味に影響が出てしまします。この虫食いは、栽培に農薬が使われていない証なのです。

  2. 太陽の光をたっぷり浴びて育ったレモンを収穫します。自然にのびのびと育ったレモンは、よく知るレモンのシルエットは違って、ゴツゴツしていて不揃いな形です。

  3. レモンが工場に運ばれてきました。リモンチェッロに使われるレモンは、通常のレモンの数倍もある大きな品種。ずっしりしていて、女性の手では片手で1個持つのが限界です…。

  4. レモンをよく洗ったら、手早くピールを剥いていきます。白い部分が残ると苦みが強くなってしまうので、なるべく薄く、黄色い部分だけを削ぐのがポイントだそう。

  5. 私も挑戦してみました!“薄く”を意識して剥くと、自然に力が入ってしまします…。「力を入れずに、軽く剥けば良いのよ。」とアドバイスを受けましたが、なかなか難しいです…!

  6. 剥いた皮を、90度のアルコールに漬け込みます。大きなタンクの中で見ることができなかったため、「タンクの中は、こんな感じになってるの。」と、ビン詰めで見せていただきました。

  7. アルコールに漬け込んで1週間経ったら、レモンピールのエキスが染み渡ったアルコールを絞り取って、皮は取り除きます。色素もお酒に移るので、残った皮は白っぽくなっています。

  8. レモンのエキスで85度まで度数が下がったアルコールに、今度は水と砂糖を混ぜあわせます。あとは、ボトルに詰めていくのですが、その前に!全て手作業で行われている、ボトルデザイン工程にお邪魔します!

  9. リモンチェッロのボトルデザインは、全て手描き。職人さんが下描きも何もないボトルに、絵具をチューブから直接ボトルに絞りながら、ディテールを描いていきます。

  10. 手描きならではの味わいで、その時その時の職人さんの感覚で描かれる絵柄は花の数などが微妙に違います。サラサラサラ~っと、手早くどんどん描かれていく絵柄は、なんと、1日あたり約500本とか!!…お見事です!

  11. もう一人の職人さんは、ディテールに着彩を施していきます。二人三脚でリモンチェッロのボトルは生み出されているのですね。

  12. おめかししたボトルに、ろ過したリモンチェッロを入れていきます。
    ここまでで、もうお気づきでしょうか?
    リモンチェッロの製造工程は、ほとんど手作業で行っているのです!

  13. ボトルに詰められたリモンチェッロがこちら。やさしいイエローに、手描きのデザインが可愛いです…!

  14. 栓をしたボトルにキャップシールをすれば…

  15. リモンチェッロの完成です!!

ひと手間加えてカクテルやデザートにも

ひと手間加えてカクテルやデザートにも

アルコール度数が高いので、本場のようにストレートはちょっとハードルが高いかも…という方も多いはず。そんな時には、ソーダやジンジャーエールで割れば、レモンの爽やかな香りが夏にぴったりなカクテルに。すっきりとした大人のデザートや、おしゃれなアンティパストにも使えます。

【リモンチェッロ ジンジャー (2人分)】
リモンチェッロとジンジャーエールのさっぱりとしたカクテル。レモン1/4ずつを氷入りの各グラスに絞り入れ、リモンチェッロ25cc、ジンジャーエール60ccをそれぞれ加え、混ぜ合わせる。お好みでショウガスライスを添えて

リモンチェッロの美味しいレシピ

アイディア次第でアレンジしやすいのも、リモンチェッロの魅力です。

リモンチェッロイタリアボトル1本
1点1点手描きで絵付けされたボトルも美しい

リモンチェッロ
イタリアボトル1本

リモンチェロをイタリアの国の形をしたボトルに詰めました。ボトルには、1点ずつ手描きでレモンが絵付けされています。
手描きのためボトルごとに少しずつ絵が異なり、それもまた味わいとなっています。
飲み終わった後にも飾ってぜひお楽しみ下さい。

2,808円(税込)
商品詳細はこちら
メロンチェッロミニボトル1本

メロンチェッロ
ミニボトル1本

こちらもおすすめ

メロンチェッロ ミニボトル1本

メロンの果肉と生クリームをブレンドして造られる季節限定のメロンのリキュール。香り高く濃厚な味わいです。バニラアイスにかけたり、メロンチェッロ自体を凍らせてシャーベットの様にしても◎。

1,728円(税込)
商品詳細はこちら

関連するカテゴリ

「リモンチェッロ」特集に関連する各種カテゴリはこちらです。関連する商品をご覧ください。


リモンチェッロ特集ページ。海外・国内のお土産ならJTBショッピング。リモンチェッロは、南イタリア周辺で400年ほど前から作られている、伝統のレモンのリキュール。マンマたちが庭で採れたレモンで、毎年リモンチェッロを手作りしてきました。いわば、日本の自家製梅酒のような“イタリアのおふくろの味”。今でも手作りのもつ味を大切に造られている、イタリアのお土産に人気のお酒です。

Copyright(C)2005-2019 JTB TRADING Corporation. All Right Reserved.

の検索にヒットした商品