旅行の持ち物チェックリスト|JTBショッピングはギフト通販・クチコミ情報が豊富

JTBトラベルメンバーにログイン/新規登録すると会員特典が適用されます!

JTBトラベルメンバー会員特典
お得な会員価格
トラベルPOINTたまる・つかえる
5,400円以上で送料無料

旅行の持ち物チェックリスト

このエントリーをはてなブックマークに追加
持ち物チェックリスト

チェックリストをダウンロード

  持ち物 アドバイス 重要度 チェック
パスポート 大切な身分証明書。旅行にあたっては、有効期限が十分に残っているかどうか必ず確認しよう。大切なパスポートにはパスポートカバーを付けるのがおすすめ。スキミング防止機能が付いたものも。 ★★★
ビザ(VISA、査証) 渡航先により必要。事前によく確認を。 ★★★
海外旅行保険の保険証 万一の盗難、事故、病気などに備えて、事前に海外旅行保険へ加入しよう。クレジットカードに付帯している場合もあるので、契約内容を確認しておこう。 ★★★
航空券 出発日時、航空会社、便名、ルートを確認しておこう。主流となってきているeチケットは、予備を含めて2枚はプリントアウトしておくと安心。 ★★★
現金(日本円) 現地通貨への両替予定額に加えて、自宅から空港間までの往復交通費や食事代など、必要額を持参しよう。 ★★★
現金(現地通貨) 主要な通貨は国内の空港で両替が可能。現地で両替をする場合は、到着の空港や市内に両替所がある。 ★★★
クレジットカード 海外で利用できるカードを数種用意しておくとベター。カードブランドによってキャンペーンやサービスなどお得な情報や、付帯保険があるので事前に確認しておこう。 ★★★
日程表 1部は、自分で取り出しやすい所に保管を。もう1部は自宅の控えとして。 ★★★
緊急連絡先 万一に備えて、大使館やクレジットカード会社、航空会社、保険会社などの緊急連絡先を控えておくと安心。 ★★★
パスポート等、各種証明書のコピー 重要な書類はコピーやプリントアウトをして、控えを取って携行しよう。
証明写真 2枚 パスポートを紛失した時、再発行のために必要。念のため持参がおすすめ。
国際免許証 レンタカーの利用時に必要。国内の運転免許証でレンタル可能な場合もあるので一緒に持っていこう。
スーツケース 少し大きめのサイズがおすすめ。アメリカ(ハワイ・グアムなど)への旅行の際は、TSAロック付きのスーツケースを検討しよう。外付けのTSAロックも便利。 ★★★
ネームタグ 空港などで目印になる。名前はローマ字で書いておこう。 ★★
スーツケースベルト 空港などで目印になる。万一スーツケースのカギが壊れた場合などに安心。
折りたたみバッグ
エコバッグ
海外では買い物袋がつかない場合が。おみやげが増えた時などのために、鞄に忍ばせておくと便利。
スマホ・携帯電話
(+充電器)
機内では機内モードへ。機内でも充電できる場合があるので、充電器もあると便利。携帯用バッテリーは預入荷物(スーツケース)に入れられないので、機内用の手荷物に予め入れておこう。 ★★★
スリッパ 機内で靴を脱いでリラックス。長時間機内にいる場合にあると便利。海外のホテルでは備え付けられていない場合もあるので持参するとベター。 ★★
旅行用枕・クッション 飛行機に限らず、長時間移動する際にはあると便利な枕やクッション。移動中にぐっすり寝られれば、時差ボケ防止にも。 ★★
マスク 乾燥しがちな機内で、ノドを守るために。 ★★
パーカーなど防寒着 機内では、空調が低めに設定されがち。特に女性は一枚羽織るものがあるとGOOD! ★★
筆記用具・メモ帳 出入国書類などの記入用に。
アイマスク 機内でぐっすり安眠できるように。
耳栓 飛行機のエンジン音や耳鳴りをカット。気圧調整ができる飛行機用耳栓もおすすめ。
機内持込のビニール袋 機内に液体物を持ち込む際には、しっかり閉じることができる透明な袋に入れる必要がある。 ★★
リップクリーム 機内は乾燥するので持参すると安心。
足置き 機内でリラックスしたり、ぐっすり安眠できるように。
S字フック スペースが限られている機内では荷物の置き場にも困るもの。すぐ取り出したいものを袋に入れてフックにかけておけば、ごそごそしなくても大丈夫。
カメラ(+充電器) コンパクトで軽量のものを。予備の電池やメモリ―カードがあると便利。 ★★★
ガイドブック・会話集・地図 機内に持ち込めば、移動の時間を利用し読み込むことができる。 ★★
雨具 かさばらない折り畳み傘やレインウェアがあると安心。 ★★
ポケットティッシュ 海外では購入できなかったり、日本のものよりゴワゴワして使いづらかったりするので、多めに用意を。
ウェットティッシュ 街中で食べ歩きするときにも、おしぼり代わりにあると便利。 ★★
帽子 夏はツバ付き帽を日差しよけとして、冬はニット帽を防寒として持っていくと便利。
サングラス 紫外線の強い夏場や高緯度の場所へ行く際はあるとベター。
日焼け止め 夏場以外でも、高緯度の場所、また高地やトレッキングに参加する場合は持参しよう。
虫よけスプレー 渡航先によってはあると便利。身に着けるだけで虫よけ効果があるものも。
ソーイングキット ちょっとした衣類の修繕に。安全ピンも出先であると便利。
辞書(電子辞書) 個人の旅行の際などには特に用意すると安心。
電卓 両替やお買い物の際に。スマホ・携帯電話でも代用可能。
オペラグラス オペラ・ミュージカル鑑賞、美術館などであると便利。
医薬品・サプリメント 常備薬は持参すると安心。 ★★★
海外用電源プラグ変換アダプター 日本と海外では差込口(コンセント)の形状が異なることも。その場合、日本の電化製品を使用する際にはプラグ変換アダプターが必要。様々なタイプのプラグに対応できるマルチタイプのものも。詳しくは世界の電気事情を参照。 ★★★
充電器 カメラやスマートフォンの充電器。充電できずに途中で写真が撮れなくなった、なんて悲しいことは避けよう。複数の機器を同時に充電できるUSB対応の電源タップなどもあるので要チェック。
歯ブラシ・歯磨き粉 海外のホテルでは備え付けられていない場合も多いので必ず持参しよう。 ★★★
化粧品 液体が100mlを超えて入る容器は機内に持ち込み不可のため預入荷物(スーツケース)へ。 ★★
洗顔料・メイク落とし メイク落としシートなら機内持ち込みも安心なのでおすすめ。 ★★
シェーバー 海外のホテルでは備え付けられていない場合も多いので持参すると安心。 ★★
石鹸・ボディソープ・
シャンプー・リンス
海外のホテルのシャンプーなどは成分が強い場合も。使い慣れたものを持参すると安心。
コンタクトレンズ・眼鏡 コンタクトレンズの保存液・洗浄液も忘れずに。
くし・コーム 海外のホテルでは備え付けられていない場合もあるので持参すると安心。
整髪料 スプレーは機内持ち込み不可なので必ず預入の荷物へ。
ドライヤー・ヘアアイロン ホテル備え付けのドライヤーだと風量が弱くて心配、カールドライヤーでないと困る、などこだわりのある方は持参がおすすめ。ただし、渡航先の電圧に対応しているかは必ず確認を。
目覚まし時計 団体行動に遅刻は厳禁。スマホやアラーム付きの腕時計でも代用可能。
変圧器 渡航先の電圧が日本と異なる場合、日本の電化製品を使用する際には変圧器が必要。
ただし、使用する電化製品が「海外対応」などで渡航先の電圧に対応している場合は不要。詳しくは世界の電気事情を参照。
湯沸しポット ホテルに湯沸しポットがあるのは日本では一般的だが、海外ではなかったり、コーヒーメーカーだけだったりする場合も。ちょっとお茶で一息つきたいときや、おなかの調子が悪いときに、日本から持参した食品などを食べる際にも便利。
携帯用おしり洗浄器 日本のトイレではすでに一般的な温水洗浄便座も、海外ではなかなかお目にかからない。携帯用おしり洗浄器があれば、いつでも清潔に保つことができて安心。その他にも旅先ならではのトイレ事情に合わせた旅行用トイレ用品も要チェック。
ビニール袋 洗濯物など、荷物を分けたいときにも便利。スーパーの袋などがあると便利。
洗濯用品 予想外の汚れも応急処置で落とせたり、下着、靴下等を手洗いすれば荷物も減らせて◎。小さな液体洗剤がおすすめ。
生理用品 現地ですぐに購入できない場合も。女性の方は念のため持参しよう。
履きなれた靴がベスト。 ★★★
下着 旅行日数に合わせて用意しよう。帰りの荷物が減らせる使い捨てタイプもあり。 ★★★
靴下 宿泊日数+1足を目安に。 ★★★
着替え 旅行日数に合わせて用意しよう。 ★★★
上着 渡航先の気候・季節に合わせて用意を。 ★★
フォーマルウェア
(フォーマルシューズ)
オペラ鑑賞や高級レストラン、ディナークルーズ等を利用時には、ジャケット、ワンピースなどが必要となる場合も。ドレスコードを事前にチェックし靴も忘れずに。
ルームウェア・パジャマ くつろぐことのできるパジャマはあると部屋でリラックスできる。
防寒具 コンパクトなダウンなど軽く荷物にならないものをチョイス。
手袋・マフラー 防寒対策として手袋やマフラーを用意しておくと良い。
(貼る)ホッカイロ 防寒対策として持っていくと安心。
水着 海やホテルのプールに行く予定のある人は必須。
サンダル 必要な場合は持参を。

他に必要なものがあれば、下記に記載しよう!

メモ

※上記で入力・チェックした内容は保存されません。一旦ページを離れると入力内容は消えてしまいますので、ご注意ください。

関連するカテゴリ

「持ち物チェックリスト」に関連する各種カテゴリはこちらです。関連する商品をご覧ください。


旅行の持ち物チェックリストページ。海外・国内のお土産ならJTBショッピング。「旅行先で困るような事はいやだな…」そうは思っても、初めての海外旅行や行き慣れないうちは、「そもそも、何を持って行ったら良いかわからない!」といった状態に。旅行のプロが作成したチェックリストを使えば、安心して荷造りできちゃいます。

Copyright(C)2005-2020 JTB TRADING Corporation. All Right Reserved.

の検索にヒットした商品